BLOG

ブログ

猫ちゃんの暑さ対策

2023年6月10日

猫ちゃんの暑さ対策

猫ちゃんのルーツは、砂漠地帯や熱帯のジャングルなどの暑い場所で生息していたリビアヤマネコといわれており、暑さに強く、寒さに弱いとされています。
とはいえ、いくら暑さに強いといっても、近年の夏場の高温多湿な状況では、熱中症を引き起こす原因になり得ます。

クーラーや冷却グッズを上手に利用して、愛猫に合った室温や環境づくりをしてあげましょう。

クーラーをつける時の注意点

猫種や、短毛か長毛かでも差はありますが、一般的に猫が快適に過ごせる気温は25〜28℃といわれています。
クーラーの設定温度も25〜28℃前後にするのが良いでしょう。
また、クーラーの中には人感知センサーを搭載しているものもありますが、人の不在時に猫ちゃんを感知せず、途中でクーラーが停止していた!なんてことも起こり得るので、お留守番の時は人感知センサーの設定はオフにしておきましょう。
長時間のお留守番の時は、窓の一部はカーテンを開けておくなどして、冷え過ぎ防止を兼ねて日向ぼっこもできる環境にしておくことも大切です。

クーラー病対策

クーラー病(冷房病)は、外気と室温の温度差によって自律神経が乱れ、体調を崩すことを指します。
猫は寒い環境を好まないため、丸くなっていたり、高いところから降りてこない(下に溜まった冷気を避けている)時はクーラーの使用を控えましょう。
寒さやクーラーの風が苦手な子が他の場所に移動できるように、扉に通れるほどの隙間を開けておいたり、寒いと感じた時に潜れるようなブランケットを置いておくのも大事です。

まとめ

クーラーを使用する時は飼い主さんだけではなく、猫ちゃんにとっても快適かどうか、猫ちゃんの様子もチェックしながら使用しましょう。
冷却グッズとブランケットなどのあったかグッズの両方準備しておき、猫ちゃんが自分で快適な環境を選べるようにしておきましょう。

RECOMMENDED

おすすめ物件

  • new
    のんびりと縁側にてin庄内
    のんびりと縁側にてin庄内
    11万円 3LDK
    豊中市庄内西町2
    阪急宝塚本線庄内駅
  • new
    小さく豊かに暮らすin布施
    小さく豊かに暮らすin布施
    8.5万円 2K
    東大阪市三ノ瀬1
    近鉄奈良線布施駅
  • new
    ワンフロアー1戸が嬉しい🐾
    ワンフロアー1戸が嬉しい🐾...
     
    大阪市福島区吉野5丁目
    JR大阪環状線西九条駅
  • 星降る庭でin高槻
    星降る庭でin高槻
    14万円 4LDK
    高槻市弥生が丘町33
    JR東海道・山陽本線高槻駅
もっと見る
©2020- INUNEKOFUDOSAN  「犬猫不動産」 はK’sコンサルティング株式会社の登録商標です。
Fudousan Plugin Ver.5.9.0