BLOG

ブログ

室内犬のお散歩事情

2022年8月18日

室内犬のお散歩事情 犬猫不動産

マンションやアパートでワンちゃんを飼う場合、室内飼いされる方がほとんどだと思います。

「室内で飼うならお散歩はいらないのかな?」
という意見を聞いたことがあるかもしれません。

しかし!!!
室内で飼っていようと、一般的にワンちゃんにお散歩は必要不可欠です!

小型犬であれば、家の中での運動量だけなら室内遊びで足りることもありますが、お散歩には運動不足・ストレス解消の他にも、社会性を身に付けるという目的もあります。
それに、たまには外の空気が吸いたくなったり、気分転換したくなるのはワンちゃんも人間も同じです。
ココロとカラダ、両方健やかに過ごすためにもお散歩は大切です。
1回15〜20分、1日2回を目安に、ワンちゃんの犬種や年齢・体調、勿論飼い主さんのライフスタイルや体調にも合わせて、お散歩ライフを楽しみましょう!

1日2回、1回15分〜20分を目安に

室内犬に多い小型犬の場合は、1日2回、1回あたり約15分程度。もしくは1日1回、20~30分程度が目安です。
お散歩の後は疲れてパタっと寝てしまう…そのくらいが、十分にお散歩できている状態です。
とはいえ、ワンちゃんそれぞれに適切な時間・距離があります。
一緒にお散歩しながら、ちょうどいい距離や時間をみつけてくださいね。
また、シニア犬や持病があるワンちゃんの場合は、しっかり様子を見て、散歩量を調整することも必要です。

室内犬のお散歩事情 犬猫不動産

お散歩のメリット

・適度な運動で肥満防止!筋力向上!
日常的に適度な散歩を続けることで筋力を維持し、肥満を防止できるという点は大きなメリット。
肥満になると病気のリスクが高まる上、運動量が不足すると筋力が低下して、重い体や関節を支えきれないという悪循環に!

・ストレス軽減
外の空気や自然に触れ合えるお散歩は大事な気分転換になります。

・社会性が身に付く
いつも同じルートでも、そこで出会う人や犬、ニオイ、音は毎日違うもの。
そうした刺激が脳を活性化させ、社会性を育てていきます。
社会性を身につけることで自信がつき、見知らぬ人に吠えたり、刺激に怯えたりという行動が減っていきます。
飼い主さんとも安定した関係を築くことができますよ。また災害時にも落ち着いて行動できるというメリットも。

・病気・怪我の早期発見
いつも一緒に歩いていると、歩き方がいつもと違う、最近疲れやすい、といったちょっとした変化に気づいてあげることができます。
少しでも様子がおかしいなと感じた時は、動物病院を受診してあげてくださいね。

まとめ

ワンちゃんだけでなく、飼い主さんにとってもメリットたくさんのお散歩。
是非、お散歩ライフを楽しんでみてください♪

RECOMMENDED

おすすめ物件

  • new
    成熟に佇む風情!in岡町
    成熟に佇む風情!in岡町
    10万円 3LDK
    豊中市桜塚1
    阪急宝塚本線岡町駅
  • new
    来たれ!大所帯!in河内天美
    来たれ!大所帯!in河内天美
    5.98万円 4LDK
    松原市北新町4
    近鉄南大阪線河内天美駅
  • new
    物語の中へin野田
    物語の中へin野田
    8.3万円 1LDK
    大阪市福島区野田3
    JR大阪環状線野田駅
  • new
    オトナ時間の街並みと共に、、、in南堀江
    オトナ時間の街並みと共に、、、in南堀江
    14.5万円 1LDK
    大阪市西区南堀江3丁目7-4
    大阪メトロ千日前線桜川駅
もっと見る
©2020- INUNEKOFUDOSAN  「犬猫不動産」 はK’sコンサルティング株式会社の登録商標です。
Fudousan Plugin Ver.5.9.0